2012年6月29日 (金)

映画「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」を観にゆく

「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」を観てきました、よ。

こちら↓がわかりやすい。

http://sm324.blog129.fc2.com/blog-entry-320.html

三島由紀夫に関しては、何も知らないワタシ。

でも、あの時代のことは、ちょっと気になるんです。ほんとにまったく不可解なので。

10年以上前に「連合赤軍(だっけ?)」関係の映画観に行ったんだけど、途中で気持ち悪くなった。

意味わかんない世界でしたよ。

で、三島由紀夫。

ちょっと前に読んだ本「男流文学論 / 上野千鶴子、他」にも、載っていた三島由紀夫。

何をしゃべりながら、なんで自殺したのか?なにゆえ切腹だったのか?気になるぅ~~。

で、「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」の感想ですが、

・・・やっぱり意味不明でした。というか理解不能。

何をそんな熱くなってるんだ?

ただただ滑稽。これは滑稽さを描いた映画?。

いやいや、なんか違うみたい。笑っちゃだめみたい。

んーーーー。だんだん腹も立ってきた!

映画の中で、若者たちの一人のアパートに田舎の親父さんが訪ねてくる場面があるんですが、そこだけ、ちょっとホッとしたんです。そこだけ現実味があったんです。

なんで「この時代の人達」に腹が立つのか。ちょっとわかりました。

三島由紀夫にしても、学生運動してた人達にしても、現実味が無い。生活感が無い。

一般庶民を無視してる。

日本がどうの、日本人の精神がどうの言ってますけど、君たちは裕福な人達でしょ?

いわゆる「学生運動」をしてた人達だってそうだよ。大学生だ。エリートだ。

あの時代、東京の大学に通えるなんざ、金持ちに決まってるじゃないか。

三島由紀夫だってもちろん、超チョーーーーエリートだ。

なるほど。

ワタシの住む町の、90歳を過ぎたおじいさんの話。

戦後、GHQによって、地主制度は廃止されて、農民ひとりひとりに土地が分け与えられたって。

金持ちはみんな困ってしまったって。でも農民ひとりひとりは喜んだんじゃないかなあ。

GHQの事務所にいくと、コーヒーとパンが食べれたんだって。

そのおじいさんは、生まれて始めて、そこで食べたんだって。

東北からは、戦争にたくさんの人がかり出されたんだよね。

ソ連国境に行ったおじいさんの話を聞いたこともある。

戦争に行った事もない、なんの苦労もしらない若造が、「アメリカ出て行けーー!!」とデモを起こしたところで、日本のほとんどの人達は、「ハァ~~?」って感じだよね。

ウチの親に学生運動のこと聞いても、「はあ、なんか都会ではやってたみたいだねえ」くらいのもんですよ。

あ、なんか、「あの時代って不可解!」なわけがわかったかも。いがったやぁ。

------------------------

「男流文学論/上野千鶴子・小倉千賀子・富岡多恵子/ちくま文庫」の中にもありました。

>三島は戦後民主主義をすごく敵視してるじゃない?でもとにかく私たちはやっぱり民主主義になったからごはんが食べられるわけですよ。

>貴族はその前はもっとよく食えてたんですよ。民主主義のせいで食い詰めたんだから。

>そう、逆だから。だけど民主主義のおかげで、私らご飯食べれるようになり、女の子が大学へいけるようにもなったわけですよ。・・・つまり、彼はそれを全否定するために腹を切った・・・

んーー、だから腹立つんだ、やっぱり!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

映画「外事警察」を観にゆく

映画「外事警察」を観てきました。

もちろん渡部ぇねらいですが。

ああ、渡部ぇもっとみたいなあ。BSアンテナつけたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)