« 松田道雄 著 | トップページ | 生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明 »

2012年6月 3日 (日)

「小出裕章/原発が・・・」盛岡講演

「原発が許されない理由 / 小出裕章」という講演会に行ってきました。
会場は超満で、その日の夕方のNHK盛岡のニュースにもなったらしいです。
ニュースになるなんて、なんかあんじゃねえの?と、変な勘ぐりをいれたくなりますが。別になにもないと思います。

それよりなによりアヤシかったのは、講演前に流れたPV(脱原発をプロモーションするビデオだからPVだ)。
AKB風の、安~~~い感じの女の子達(制服向上委員会だとかいう説も)が制服着て歌って踊っている。
「♪だ、、だ、、だつげんぱぁ~~~つ♪」
フザケテルノカ。ナメテルノカ?これはどうよ、どうなの?
http://blog.goo.ne.jp/naturalist351018/e/6929a1c5506aaee3891475088e267107

講演内容は、電気不足になんかならないとか、原発は一番効率の悪い発電方法だとか。
その辺は私もウンウンウンと聴いていたのですが。

放射能?放射線は怖い、危険だと、とにかく熱弁されるわけですよ。
実際研究やなんやで放射線を扱ってる方にそんなこと言われたら、どれだけこっちは不安になるか・・・。
聴いてるうちに、不安でドキドキするわ、悲しくなるわ、泣きそうになるわ、ちょっと具合悪くなりました。

会場には、ときどき笑いが起こってました。
「60才以上の人なんかは、もう汚染食食べてください」とか「東電の社食には、汚染食出して食べてもうらおうじゃないですか」とかいう話に。

私は笑えなかった。

この人はとても立派な人で、子供を守りたいと言い、市民の味方になり、熱心に活動し、ユーモアもあり、情熱もあり、優しい人だと思いました。
でもね、どうも何かしっくりこない。

原発が許されないものであり、とんでもないものだということは、もうわかっている。
じゃあ、どうすればいいのか。ここまできて。
敵は誰か。どう戦えばいいのか。ただただ「反対」でいいのか?

その手の質問に対しては「私は科学者なので答える立場にはない。どれだけ危険かという数値をお伝えするだけだ」というように答えていた気がする。
所詮は科学者なのだ。

なんだかどんよりと悲しい気持ちになって帰ってきた。
収穫は無かった。


帰ってから思ったのですが、
放射能は確かに危険な物なんだろうけどね。なんかアレに似てるなと思った。
アレ。インフルエンザ。
医者や看護士とか、専門家が一番うるさいのだよ。
「マスクしろ」とか「人との接触を避けろ」とか。
ごもっともなんだけどね。



いろいろ検索してて見つけました。
大飯原発の再稼動について。リアリティーあるなと思いました。
http://wanwanroom.at.webry.info/201205/article_2.html

|

« 松田道雄 著 | トップページ | 生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明 »

コメント

こんにちわ。

権力者が誰か、上をみればきりがないかもしれませんが。
陰謀論では、ロックフェラー、ロスチャイルドのことが言われていますが、私は陰謀論は3割くらいは信用してますが、7割くらいは信用していません(わけわからない比率ですが)。

この国で言えば、震災後に明らかになったこの国の裏側を見ると、一部官僚やマスコミのような気がします。

その官僚、マスコミを牛耳っているのは、と考えるとやはりアメリカだと私は思っています。日本に他国の軍事基地があるのはおかしいし(ちなみに私はコスタリカのような国の在り方・非・反軍事を支持している人間です)、沖縄の現状を沖縄以外の人達はほとんど知らないし、それをマスコミは伝えないわけです。日米地位協定の不条理のこととかです。

今のマスコミは権力に加担していますから、それを維持するために基本的にはプロパガンダを流してくるわけです。そのプロパガンダを見抜くことができなければいけないと思うし、その辺りは日本人は素朴すぎるというか、従順、依存的というか、思考力の欠如というか利用されている現状は残念です。

地球温暖化説は世界の中では既に間違っているというふうに言われているそうです。日本だけがまだ言い続けていると。そのあたりは、広瀬隆さんの「二酸化炭素温暖化説の崩壊」という本があります。

再稼働は決まってしまいましたが、先週の金曜日、報道ステーションで官邸前の市民デモを報じていました。ようやく少しはマスコミも報じるようになってきたのかなと。20万人とも言われましたから、さすがに無視できなくなったのかもしれませんが。国民の半分以上は原発反対だと思っているので、マスコミの権力依存・加担は本当に罪深いと思います。この国のテレビ・新聞がこの国を悪くしている部分は大きいと思います。

僕ら、一人一人が考えることと、色々な人たちと交流することが必要だと思います。

では。


投稿: atsuneco | 2012年7月 2日 (月) 15時00分

あー、なんだかとてもスッキリしました。
自分の中で、もやもやもやもや、言葉にならずまとまらなかったものを、ガーっと文章にしていただいた、そんな感じです。

>ネットで小出さんや広瀬隆さん、上杉隆さんがずっと述べていること、訴えていることと、テレビのニュースや新聞で述べられていることがあまりにも違う。
>この国を担っている一部の権力者たち、この権力構造がこの国には強くあるということ

その権力者というのは誰なんだ!といつも思うんです。
何人くらいいるんだ?とか(笑)。
ただ、政治家でも、テレビの人でも、日常会う人でも、
「あ、この人、権力寄りだ」とか「それは権力サイドに洗脳されてるだろう」とか思うことはしばしばありますね。
具体的にうまく言えないんですけど。

>多くの人が言っていますが、この国には民主主義がない、もしくはこの国の民主主義は非常に脆弱だ、ということ

うんうん。なんかの本にも書いてました。
日本人は未だに民主主義を知らないままだ、とか、
もっと民主主義を考え、学ばなければならない、と。

>国際機関のIAEA(国際原子力機関)、ICRP(国際放射線防護委員会)、やWHOさえも、基本的には原子力推進の機関だという事実

WHOまでもか・・・とか思いましたが。
あと、これはWHO管轄かどうかわかりませんが、地球温暖化説も、かなり捏造されたものだったとか、そういう記事を最近みつけました。
ちょっと詳細をしりたいですね。

>まぁ、もっと言えば、総体的に考えればこの国を担っている年配の男性がどうしようもない、ということだと思います

うんうんうん、と、ここは大きくうなずいてしまいました、スミマセン。

>(でも、立派な仕事や人間性を備えた人も数多くいるのもまた事実ですが)

そうなんです!そう思います。

>一人一人が自分と向き合って変わっていくことによって原発をやめる方向に行くはずだと思うのですが…。

それしかないと思いました。
今回、大飯の再稼動に関して、地元のホントの声がなかなか聞こえてこない。
地元の苦悩は、どんなに複雑なものかと、私もちょっと考えました。
福島の人たちの今の、ホントの思いを聞きたいとも思うのです。本当につらくて苦しいことだと思います。
でも、それでも考えて欲しいと思いました。
原発関連の現場で働いている人たちとかも。
これでいいのか、と。ちょっと考えて欲しい。

地元が原発を動かしたいといってしまえば、それを私たちが止めるのは難しい。
大飯に関しては、私は当事者からは、ちょっと遠いですから。
でも、その原発のゴミ(核廃棄物?っていうのか?)をどうするの?とかいう問題になってくると、ちょっと当事者ですよね、遠くの私たちも。

まあ、そんな感じで、
とりあえず、私は、三陸の海を守りましょう。
六ヶ所村とか、女川とか、大間とか?
その辺りの動きに目を光らせておきましょう。

一人一人がきちんと考えること。
ほんとにそうですね。
しっかり考えていれば、おのずと体は動きますものね。

投稿: もりえ@管理ニン | 2012年6月24日 (日) 23時01分

こんにちわ。

Live&Liveさんの抱いている考えや感覚はその通りだと思いますし、自分もそう思います。

僕の考えていることを以下述べさせていだだきますが、

(私としては、あんな事故があったにもかかわらず、さっぱり「脱原発」方向には進まないことが不思議でしょうがないのです。
大飯原発も再稼動しちゃうんでしょうか。)

ちょうど今日の午前、原発再稼働が決定したみたいです。
福島の大事故が起きたら、原発をやめるというのが当然ですが、(そもそも原子力なんてものをすること自体感覚が狂っていますが)、原子力ムラ、原子力国家と言われるような権力構造はふつうの感覚ではないですし、異常だということですし、そもそもこの日本という国自体が僕は異常な国だと思っています。震災が起きてから知人を通じて、ネットで小出さんや広瀬隆さん、上杉隆さんがずっと述べていること、訴えていることと、テレビのニュースや新聞で述べられていることがあまりにも違う。それはもう、本もいっぱい出ているので、自明のこととなっていると思いますが、この国は原子力国家だということ、この国は異常であるということ、だから原発をやめる方向にはいかないということだと自分は思います。そしてこの国を担っている一部の権力者たち、この権力構造がこの国には強くあるということだとも思います。多くの人が言っていますが、この国には民主主義がない、もしくはこの国の民主主義は非常に脆弱だ、ということを言っています。

後は、小出さんの講演会では最後時間がなくて、核のことを述べませんでしたが、小出さんなど著作でも述べているように、原子力=核、核兵器、だということも知っておくべき大事なことだと思っています。つまり、この国は、日本は核兵器をもちたいという意図、考えをいまだに持っているということです。それは小出さんの著作にも書かれてありますが、だから、国として原子力をやめない、続けるというふうにもなっているのだと思います。(後、原子力をやめない理由は一部の権力者たちのための「金」だと思いますけど)

それと、もう一つ、大事なことだと自分は思うのですが、これも多くの人達が著作で書かれていることですが、国際機関のIAEA(国際原子力機関)、ICRP(国際放射線防護委員会)、やWHOさえも、基本的には原子力推進の機関だという事実があります。それはつまり、世界的に原子力を推進している現実があるということです。先日の新聞にも載っていましたが、今後、世界的には1,5倍、原発の需要が増えていき、名前は出しませんが(知っていると思いますが)、国内原子力メーカー御三家が、海外でお金儲けのために原発関連の事業を展開していくとありました。そういう世界的な流れがあります。アメリカもずっと凍結していた原発を新規に作るみたいですし、中国はこれから一番多くの原発を作る予定ですし、ロシアも新規に増設したり、海外に売り込んでいますし(チェルノブイリ事故を起こしているのに)、近くでは、韓国、台湾も増設、ベトナムも作るかもしれない、等々、そういう世界です。

そのようなことと、後、これも多くの人が述べていることですが、日本はアメリカの半属国ではないか、ということもあります。考えてみれば、米軍基地が日本に多くあるわけですから。SPEEDIの情報も日本に公開したのは一部を除き2ヶ月後だったのですが、米軍にはきちんと提供されていたわけです。日本は、日本人よりも米軍の命を優先したと言っても過言ではないと思います。

そういう、一人一人、僕たち市民、国民の力ではどうにもならないような、大きな権力構造(政治家・官僚、マスコミ、電力会社など経済界等々)がこの国には存在しているという事実があって、それが現実だということだと僕は思っています。


震災以降、ネットにアップされているラジオやネットでの講演会などを見て、小出さんは本当に誠実な方だな、と思いますが、だから、この前の講演では与えられたテーマに沿って話したのだと思います。小出さんは反原発を40年続けてきた人みたいですが(僕も震災前は知らなかったです)、ずっと自分は敗北の歴史だと言っていましたし(後、去年の7月頃のラジオでの受け答えで小出さんは希望はないと言っていましたし)、ネットなどで調べてみると、確かに原子力ムラの構図はすごくて、シンポジウムなどでも、原発推進のさくらをいっぱいあつめて、原発を推進したり、原子力の専門家を金で操って御用学者ばかりのこの国の構図は異常です。差別の構図が根強くこの国にはあるということだとも思いますが、それでもずっと自分の信念をもって原発の危険を訴えてきた、本当に数少ない一人が小出さんだと思います。震災以降、この国の裏の構図が多く明らかになった今でこそ、ヒーローみたいな扱いになって、講演会でも満員ですが、その前までは、小さな会場で講演したり、人も多く集まらない中で、それでもずっと真実を訴えてきた人だからこそ、年配の人は汚染された野菜を食べるということを言えるのだと、言う資格があるのだと僕は思います(それに小出さんは子供たちと、一次産業を守るためにどうすればよいかということを考えての提案であって、危険性は重々承知でしょうし、それくらいしなければ子どもたちを守れない、そのくらい大きな出来事が起こっているというのが福島での事故だと思うので)。

上杉さんが強く訴えているように、この国ではマスコミがきちんと機能していませんから、テレビのニュースでも新聞でも信じられないくらいほとんど原発など重大なニュースを伝えていませんし、情報隠蔽は未だに続いていると思います。原発よりもサッカーの世界一だとか野球選手の海外移籍がトップニュースになる国ですから、これが日本の現実なのだと思います。

まぁ、もっと言えば、総体的に考えればこの国を担っている年配の男性がどうしようもない、ということだと思います(でも、立派な仕事や人間性を備えた人も数多くいるのもまた事実ですが)


この国では不健全な情報隠蔽がずっと続いて、震災以降も信じられないような情報隠蔽が続き、今も続いていますから、原発の基本的なことや危険性を訴えることは必要だったと思いますが、そろそろ多くの人も知るようになっていると思いますし、多くの人が原発反対だとも思うので、Live&Liveさんの言うとおり、危険性を訴えることに加えて、今度どうすればよいか、今後のことについて考えていかなければいけないと僕も思いますが、それに対しての答えは小出さん他、専門家など誰かに答えを求めるのではなく、私たち一人一人が求め考えて探していくことだと僕は思います。一人一人が自分と向き合って変わっていくことによって原発をやめる方向に行くはずだと思うのですが…。原発がなくなるためにはまだ当分時間がかかるだろうなと僕は感じています。

僕なんかには言う資格はないのですが、Live&Liveさんのように子育てと仕事を両立することは大変なことだと思います。(プロフィールを確認したら二児の母親さんということで、失礼しました)特に、この国では。何も考えもしないで、システムも機能しない、作りもしないで、いまだに個々人への根性論を押し付けているような国だと思っているので。本当に忙しい日々だと思うのですが、それでもこの国の男性はダメですから(原発の事故が起こったことは、今までのこの国の在り方を否定する一つのサインだと僕は思っています)、小さくても女性がネットワークを作ったり連帯して、考えていくことは大事だと思います。単純なフェミニズムはうまくいかないと思いますが、女性と男性がバランスよく社会を担うようにならなければ、ますますこの国は落ちていくと思うので。僕は30年後にこの国に少しでも希望が見えていればいいと思っています。


長々と自分の思っていることを書かせていただきました。


投稿: atsuneco | 2012年6月16日 (土) 16時16分

コメントありがとうござました。

今は「いろんな人たちの意見が聴きたい、知りたい」という気持ちが強いので、ご意見書いていただけてうれしいです。

私としては、あんな事故があったにもかかわらず、さっぱり「脱原発」方向には進まないことが不思議でしょうがないのです。
大飯原発も再稼動しちゃうんでしょうか。

危険性を訴えてもダメなんじゃないかな?
もっと根本的な何か、考え方の違いか、問題の争点が違うのか?

小出さんという人は、長い間、反原発運動にかかわってきたらしい。それならこの人も、何かそういうことを感じているのではないか。なにか、聴けるんじゃないか。
・・・という期待もあって、参加した講演会でした。
確かに「今日私に与えられたのはこのタイトルでの講演なので」と言ってましたね。
それでも何か、もっと違う何かを話して欲しかったのですが。

いろいろなページのアドレス書いていただいてありがとうございました。是非みてみたいと思います。


>一人一人が自分で学んで考える
>意識のある人たちなどネットワークとつながる

そうですね。
とりあえずそこですね。

あと、いろんなところでも、女性の力、母親のネットワークとよくいわれてますが、正直、母親は忙しい~~!!
今回の講演会も、仕事を休んで、子供を実家にお願いして。たまたま日時が合ったから参加できたようなもので・・・。
普段は、一日三度のご飯支度、山積みの洗濯物、部屋はほこりだらけ・・・ほんとに時間が無い!!といいつつ、今ネットしてますがね。

ここでは色々書きましたが、普段の生活で、誰かと原発の話をするということはほとんどないのです。
ん~~~。

投稿: もりえ@管理ニン | 2012年6月15日 (金) 09時09分

こんにちわ。今日休みで、ちょっと検索していたら、偶然このHPにきました。

僕も先日行ってきました。

講演会の内容は3.11からもう1年以上前に小出さんが訴え続けてきたことの繰り返しでした。だから僕には収穫はなかったですが、冒頭に小出さんが言われていたように「今日私に与えられたのはこのタイトルでの講演なので」ということを言っていましたが、3.11からずっと訴えてきたものを講演してくれと頼んでしまった主催者側の講演タイトル選択ミスかなと思いますし、会場の雰囲気、笑い声から「あぁこの人たちは何も知らないんだな、今日聞いて初めて知ったんだな」と思いましたが、3.11当初からネットでは小出さんや広瀬隆、上杉隆さんなどがずっと事故について真実を訴えてきましたし、本屋に行けば、その方たちなど他にも反原発側としてちゃんと事故や放射能など情報を書いている本がいっぱいありますから、1年以上経て何も知らない、自分から学ぼうともしない人達、盛岡市民のレベル、意識の低さに自分は残念な想いを抱きました。

書かれてある通り「じゃあ、どうすればいいのか。ここまできて。敵は誰か。どう戦えばいいのか。ただただ「反対」でいいのか?」

僕もそう思います。このような現実になってしまった以上どのように対処しながら生きていくのか、最善の方法を考えていくことが大事だと思います。

でも、それに対しての答えは、科学者とか専門家ではなく、自分たち一人ひとりが考えて対処していくことだと僕は思っています。もちろん、自分たちだけではできないことはおおくあって、国や行政が動かないとどうしようもないことは多くありますが、3.11以降明らかになったこの国の原子力国家と言われるような隠蔽体質はひどいですから、国や行政には今はほとんど期待できないと思います。ただ、今は本も多く売られていますし、自分で学んで考えるということが大事だと思います。後は、意識のある人たちなどネットワークとつながるということなど、結局一人ひとりが向き合わざるを得ない問題なんだと僕は思っています。多くの人が知っているように、3.11以降明らかになったこの国の権力構造は本当ひどいですし、この国はひどい状況ですから、まずは自分が学ぶことと、意識のある人とつながって情報など共有していきながら、自分たち一人ひとりが行動していくことが大事なのだとぼくは思っています。

live&liveさんは一児の母親さんのようですから、今色々なところで、母親さんたちのネットワークができていると思います。そのようなネットワークとつながることができれば、良いのではないかと思います。

あとは去年の3.11以降からずっと小出さんや広瀬隆、上杉隆さんなどが訴えてきたこと、youtube で検索すればいっぱい動画があります。

以下に自分がコピーしていたものがありましたので、いっぱいコピーしてみました。どれか興味あるものがあれば。ちなみに一番有名なのは、たねまきジャーナルでの小出さんの受け答えですが。

http://www.youtube.com/user/tacc77#p/u/8/tDsnzcoBtsg
2011 1018 たねまきジャーナル京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

http://www.youtube.com/user/tacc77#p/u/2/c-w8T5OwUHs
2011 1020 たねまきジャーナル京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


http://www.ustream.tv/recorded/18489298
2011.11.13池澤夏樹氏「昔、原発というものがあった」
始めから45分間の間が池澤夏樹講演

http://www.youtube.com/watch?v=urhbXfClqi0
2011年12月4日 広瀬隆さん「福島原発事故の真相と放射能汚染の恐怖」
約3時間

小出裕章氏講演会 at コラニー文化ホール 2012/1/8 You Tube 約二時間半
http://www.youtube.com/watch?v=7MbcteuNf6c&feature=related

20111031 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=cq0OOe5Zzig


ニュースの深層「原発事故報道・検証 あの時伝えられたこと」1/3
(上杉隆氏の司会番組(3月まで)に広河隆一氏がゲスト出演しています)
http://www.youtube.com/watch?v=8MkyyhnM2gM&feature=plcp&context=C3280349UDOEgsToPDskJYgIQFEmOPsGfxm9BZT-TE


http://www.youtube.com/watch?v=uKWFGdMwnIo&feature=plcp&context=C3bbaa5eUDOEgsToPDskLkOVmAEGgVFwTdXlsHgiYD
ニュースの深層「原発事故報道・検証 あの時伝えられたこと」2/3

http://www.youtube.com/watch?v=7sfcY6AT9A0&feature=plcp&context=C396fe7bUDOEgsToPDskJH-yHbjyUunoKmlSDI92Df
ニュースの深層「原発事故報道・検証 あの時伝えられたこと」3/3

①DAYS JAPAN 講演会 3.11から一年 福島原発事故から一年(1)
http://www.youtube.com/watch?v=yQe5ZyEjwjk&list=UU5fxmMmZhl5hod1pe1AFoeQ&index=1&feature=plcp

②DAYS JAPAN 講演会3.11から一年 福島原発事故から一年(2)http://www.youtube.com/watch?v=S-wj_e0_1fA&feature=channel
(②は約43分の長さで、広河隆一さんが講演しています。残り時間がなかったせいか、広河さんの話は半端で終わってしまったと思いますが、載せておきます。)

http://www.youtube.com/watch?v=XnuYwkRc6R0&feature=related
上杉隆氏 既存メディアの歪んだ報道

投稿: atsuneco | 2012年6月11日 (月) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149000/54870782

この記事へのトラックバック一覧です: 「小出裕章/原発が・・・」盛岡講演:

« 松田道雄 著 | トップページ | 生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明 »