2012年6月29日 (金)

映画「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」を観にゆく

「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」を観てきました、よ。

こちら↓がわかりやすい。

http://sm324.blog129.fc2.com/blog-entry-320.html

三島由紀夫に関しては、何も知らないワタシ。

でも、あの時代のことは、ちょっと気になるんです。ほんとにまったく不可解なので。

10年以上前に「連合赤軍(だっけ?)」関係の映画観に行ったんだけど、途中で気持ち悪くなった。

意味わかんない世界でしたよ。

で、三島由紀夫。

ちょっと前に読んだ本「男流文学論 / 上野千鶴子、他」にも、載っていた三島由紀夫。

何をしゃべりながら、なんで自殺したのか?なにゆえ切腹だったのか?気になるぅ~~。

で、「11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」の感想ですが、

・・・やっぱり意味不明でした。というか理解不能。

何をそんな熱くなってるんだ?

ただただ滑稽。これは滑稽さを描いた映画?。

いやいや、なんか違うみたい。笑っちゃだめみたい。

んーーーー。だんだん腹も立ってきた!

映画の中で、若者たちの一人のアパートに田舎の親父さんが訪ねてくる場面があるんですが、そこだけ、ちょっとホッとしたんです。そこだけ現実味があったんです。

なんで「この時代の人達」に腹が立つのか。ちょっとわかりました。

三島由紀夫にしても、学生運動してた人達にしても、現実味が無い。生活感が無い。

一般庶民を無視してる。

日本がどうの、日本人の精神がどうの言ってますけど、君たちは裕福な人達でしょ?

いわゆる「学生運動」をしてた人達だってそうだよ。大学生だ。エリートだ。

あの時代、東京の大学に通えるなんざ、金持ちに決まってるじゃないか。

三島由紀夫だってもちろん、超チョーーーーエリートだ。

なるほど。

ワタシの住む町の、90歳を過ぎたおじいさんの話。

戦後、GHQによって、地主制度は廃止されて、農民ひとりひとりに土地が分け与えられたって。

金持ちはみんな困ってしまったって。でも農民ひとりひとりは喜んだんじゃないかなあ。

GHQの事務所にいくと、コーヒーとパンが食べれたんだって。

そのおじいさんは、生まれて始めて、そこで食べたんだって。

東北からは、戦争にたくさんの人がかり出されたんだよね。

ソ連国境に行ったおじいさんの話を聞いたこともある。

戦争に行った事もない、なんの苦労もしらない若造が、「アメリカ出て行けーー!!」とデモを起こしたところで、日本のほとんどの人達は、「ハァ~~?」って感じだよね。

ウチの親に学生運動のこと聞いても、「はあ、なんか都会ではやってたみたいだねえ」くらいのもんですよ。

あ、なんか、「あの時代って不可解!」なわけがわかったかも。いがったやぁ。

------------------------

「男流文学論/上野千鶴子・小倉千賀子・富岡多恵子/ちくま文庫」の中にもありました。

>三島は戦後民主主義をすごく敵視してるじゃない?でもとにかく私たちはやっぱり民主主義になったからごはんが食べられるわけですよ。

>貴族はその前はもっとよく食えてたんですよ。民主主義のせいで食い詰めたんだから。

>そう、逆だから。だけど民主主義のおかげで、私らご飯食べれるようになり、女の子が大学へいけるようにもなったわけですよ。・・・つまり、彼はそれを全否定するために腹を切った・・・

んーー、だから腹立つんだ、やっぱり!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

映画「外事警察」を観にゆく

映画「外事警察」を観てきました。

もちろん渡部ぇねらいですが。

ああ、渡部ぇもっとみたいなあ。BSアンテナつけたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明

生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

「小出裕章/原発が・・・」盛岡講演

「原発が許されない理由 / 小出裕章」という講演会に行ってきました。
会場は超満で、その日の夕方のNHK盛岡のニュースにもなったらしいです。
ニュースになるなんて、なんかあんじゃねえの?と、変な勘ぐりをいれたくなりますが。別になにもないと思います。

それよりなによりアヤシかったのは、講演前に流れたPV(脱原発をプロモーションするビデオだからPVだ)。
AKB風の、安~~~い感じの女の子達(制服向上委員会だとかいう説も)が制服着て歌って踊っている。
「♪だ、、だ、、だつげんぱぁ~~~つ♪」
フザケテルノカ。ナメテルノカ?これはどうよ、どうなの?
http://blog.goo.ne.jp/naturalist351018/e/6929a1c5506aaee3891475088e267107

講演内容は、電気不足になんかならないとか、原発は一番効率の悪い発電方法だとか。
その辺は私もウンウンウンと聴いていたのですが。

放射能?放射線は怖い、危険だと、とにかく熱弁されるわけですよ。
実際研究やなんやで放射線を扱ってる方にそんなこと言われたら、どれだけこっちは不安になるか・・・。
聴いてるうちに、不安でドキドキするわ、悲しくなるわ、泣きそうになるわ、ちょっと具合悪くなりました。

会場には、ときどき笑いが起こってました。
「60才以上の人なんかは、もう汚染食食べてください」とか「東電の社食には、汚染食出して食べてもうらおうじゃないですか」とかいう話に。

私は笑えなかった。

この人はとても立派な人で、子供を守りたいと言い、市民の味方になり、熱心に活動し、ユーモアもあり、情熱もあり、優しい人だと思いました。
でもね、どうも何かしっくりこない。

原発が許されないものであり、とんでもないものだということは、もうわかっている。
じゃあ、どうすればいいのか。ここまできて。
敵は誰か。どう戦えばいいのか。ただただ「反対」でいいのか?

その手の質問に対しては「私は科学者なので答える立場にはない。どれだけ危険かという数値をお伝えするだけだ」というように答えていた気がする。
所詮は科学者なのだ。

なんだかどんよりと悲しい気持ちになって帰ってきた。
収穫は無かった。


帰ってから思ったのですが、
放射能は確かに危険な物なんだろうけどね。なんかアレに似てるなと思った。
アレ。インフルエンザ。
医者や看護士とか、専門家が一番うるさいのだよ。
「マスクしろ」とか「人との接触を避けろ」とか。
ごもっともなんだけどね。



いろいろ検索してて見つけました。
大飯原発の再稼動について。リアリティーあるなと思いました。
http://wanwanroom.at.webry.info/201205/article_2.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

松田道雄 著

ブックオフにて購入。

松田道雄 / 自由を子どもに (岩波新書 1973)

松田道雄 / 私は女性にしか期待しない (岩波新書 1990)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

よかよか

ひっさびさに、余暇を過ごしましたよ、余暇を! 
余暇・・・[仕事がおわったあとや仕事のあいまなどの]ひまな時間。(三省堂「国語辞典」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「日食!」